プロフィール

  1. トップページ
  2. プロフィール

初代家元 玉城盛義

略歴

故玉城盛義は、明治22年12月20日、那覇区下泉町に生れ、役者の父に就いて幼少から役者の道を歩み、明治・大正・昭和を通し、名役者として活躍を続けました。一方、組踊りの名人といわれた叔父玉城盛重の教えを幼少から受け、若い頃から既に名舞踊家として知られていました。又、彼は創作家としても異才を放ち、数々の創作舞踊を残していますが、中でも名作として知られる舞踊劇「戻り駕」は、彼の手になるものです。

昭和20年6月、盛義は米軍によって宜野湾村野嵩に収容され、翌7月に釈放されるとすぐに、沖縄では戦後初の琉球舞踊研究所を開設しました。又、米軍政府の命により結成された沖縄芸能連盟「松」「竹」「梅」三劇団のうち、梅劇団の副団長を務め、その傍ら、民政府芸術課演技官、劇団「ときわ座」の顧問、「乙姫劇団」の指導など、沖縄芸能復興のため積極的に活動しました。

さらに昭和28年3月、玉城盛義琉舞研究所を玉扇会として出発させ、以後、琉球古典舞踊の保存と継承に力を入れ、数多くの舞踊家たちを育てあげました。又、数々の受賞を重ね、昭和42年5月の沖縄芸能連盟結成では、その会長におされ、同年6月には琉球政府文化財保護委員会の指定する「組踊技能保持者」として認定を受けました。更に昭和44年には、多年にわたる琉球芸能文化への功績により国から勲五等瑞宝賞を授与されました。
しかし、昭和46年12月19日、沖縄芸能に偉大な功績とその名を残した盛義は、83才で、多数の弟子やファンからおしまれつつこの世を去りました。

二代目家元 玉城秀子

略歴

二代目家元、玉城秀子は、昭和16年11月27日、玉城盛義の孫娘として生れ、その養女として育てられました。4才の頃から盛義に就いて琉舞を習いはじめ、23才で免許を与えられ、普天間で琉舞研究所を開設しました。本格的な舞踊家としての第一歩を踏み出した秀子は、門下生の育成に当る傍ら、玉扇会を代表する踊り手として、全国各地はもとより、東京国立劇場やソ連、ポーランド、インドネシア、北米、南米、ハワイ等、世界各地での公演に参加したほか、更に舞踊劇「収納奉行」「旅宿」「旋風」「悲恋ぎつね」などの演出、振り付けや、「春の風」「夏姿」「太鼓ばやし」「玉扇の舞」等の舞踊を振付けるなど、創作面でもすばらしい才能を見せ、将来性のある舞踊家として嘱望されています。
昭和42年から現在まで、琉球新報社主催芸能コンクールの審査員を務め、昭和46年12月、盛義亡き後は玉扇会を支える柱となり、翌47年には沖縄県指定「沖縄伝統舞踊」の後継者に認定され、昭和50年には二代目家元を襲名しました。
 秀子襲名後は、翌年各師匠の技術向上と型の乱れを防ぐため「七踊り会」を主催し、以後これが定例の発表会として定着し、七踊り会ブームのきっかけをつくりました。又、沖縄迎賓館の長期公演など、玉城秀子舞踊団として多くの門下生が活躍できる機会をつくり、門下生に自信を与えると共に、実力の向上をはかるという効果的な指導を行い、今や新しい時代にチャレンジする指導者として高く評価されています。

二代目 玉城盛義(本名:大田 守邦)

  • 昭和41年8月1日生
  • 沖縄県 那覇市出身

略歴

琉球舞踊、組踊、沖縄芝居、琉球歌劇等の伝統芸能を中心に県内外、海外公演にも積極的に参加出演し、また現代演劇、ミュージカル、CM、映画などジャンルを超えて活躍中。舞踊劇、新作組踊の演出も手掛ける。

曽祖父は玉城流の創始者で沖縄の近代芸能史に功績を遺した初代玉城盛義師。祖母は乙姫劇団の女優、脚本家、演出家として活躍した玉木初枝。母である玉城流玉扇会二代目家元玉城秀子に師事し自然体で風格ある「玉城流」の型と技をまなび、盛重、盛義、秀子とつながる正統派の芸脈の継承者として流儀の技芸の検証をライフワークとする。
平成21年より沖縄芝居実験劇場の代表を引き継ぎ、流会派を超えた同志と沖縄が世界に誇る伝統芸能の実験的な舞台にも挑戦。
平成24年に催した二回目の独演会(沖縄、東京)では古典舞踊を中心に構成し、その舞台が評価され平成24年度文化庁芸術祭舞踊部門優秀賞受賞。その後も玉城流玉扇会『組踊の会』を開催するなど、格調高い沖縄の伝統文化を世界に向けて発信するべく積極的に取り組む。
玉城流二代目家元玉城秀子に師事。

2003年
師範免許拝受
2011年
玉城流三代目家元 二代目玉城盛義襲名
1996年
琉球新報社主催琉球古典芸能コンクール最高賞受
2010年
高円宮記念地域伝統芸能奨励賞
2011年
沖縄タイムス社芸術選奨演劇部門大賞受賞
2013年
平成24年度文化庁芸術祭舞踊部門優秀賞受賞

過去のイベント情報

6月25日・26日 奥武山大琉球神楽 ~天の岩戸開きの巻~

→公式ホームページ:2017第二回奥武山大琉球神楽予告



公演日時 1公演:6月25日(水) 開場12:00 開演12:30
2公演:6月26日(日) 開場15:30 開演16:00
会場 沖縄県立武道館・アリーナ棟
入場料 指定席/¥3,500
自由席/¥3,000
お問い合わせ 〒900-0026 沖縄県那覇市奥武山町44番地
電話1:070-5279-3436
電話2: 070-5484-9952
メール:info@ryukyu-kagura.com



4月23日(日)琉球舞踊超入門 玉城盛義 特別ワークショップ

玉城流三代目家元 玉城盛義師による 琉球舞踊のワークショップです。

琉球の古典芸能や音楽に興味はあっても、なかなか稽古を受けるのは敷居が高い…
踊りは全くの初心者だが関心はある…

踊り、ダンス、能楽など他ジャンルの舞踊に関わっているが、一度体験してみたい…
からだを気持ち良く動かしてみたい…
そんな方々、大歓迎です。
「超」入門として 家元が直々にお稽古をつけて下さる貴重な機会です。
琉球舞踊を本格的に始めたい方ももちろん歓迎。
家元が今年、東京で教場を開かれる予定もございますので、ご相談下さい。

日時・人数 4月23日(日曜日)
①14:00-15:30
②16:00-17:30
各10名。
場所 国立劇場第2研修室
料金 ¥5,000を予定しております。当日集金いたします。
内容(予定) ・「かぎやで風節」家元による実演
・琉球舞踊についてのティーチング。
・「浜千鳥」ワークショップ(時間内で出来るところまで)
お問い合わせ 詳細は下記リンクをご覧ください。
琉球舞踊超入門 玉城盛義 特別ワークショップのお知らせ


4月22日(土)『男性舞踊家の会』国立劇場おきなわ



玉城流三代目家元 玉城盛義 出演

日時 2017年4月22日(土)14:00
会場 国立劇場おきなわ 大劇場
入場料 一般 3,100円  友の会 2,480円
お問い合せ 国立劇場おきなわチケットカウンター
TEL:098-871-3350



4月15日(土)組踊公演 『手水の縁』国立劇場おきなわ



玉扇会 玉城盛義  東江裕吉 出演

日時 2017年4月15日(土)14:00
会場 国立劇場おきなわ 大劇場
入場料 一般 3,100円  友の会 2,480円
お問い合せ 国立劇場おきなわチケットカウンター
TEL:098-871-3350



3月15日、22日、29日3週連続放送 ドラマ『尚巴志』

→公式ホームページ:琉球歴史ドラマ 尚巴志 | 琉球放送

玉城流三代目家元  玉城盛義 苗代大親役にて 出演

放送日時 第1回:3月15日(水)よる9時
第2回:3月22日(水)よる9時
第3回:3月29日(水)よる9時
放送 琉球放送株式会社〈略称RBC〉



3月17日(金)『瀬名波孝子八十五歳祝賀記念公演』国立劇場おきなわ



玉城流二代目家元 玉城秀子 出演

日時 2017年03月17日(金) 18:30
会場 国立劇場おきなわ 大劇場
入場料 (前売)5,000円(当日)5,500円
お問い合せ TEL:080-3994-5137



3月19日(日)ジュリ馬祭 那覇料亭野外ステージ

玉扇会 出演

日時 2017年3月19日(日)
場所 〒 900-0037 沖縄県那覇市辻2-8-7
開催時間 13:30-16:00
会場名 辻新思会前
料金 見学無料
お問い合わせ先 財団法人辻新思会 098-863-1212
料亭那覇 098-868-557

HP

http://www.naha-navi.or.jp/event/158/



3月25日(土)新作組踊 さかさま『執心鐘入』国立劇場おきなわ



玉扇会 東江裕吉 出演

数多くの新作組踊を発表してきた芥川賞作家・大城立裕氏の新作組踊「さかさま『執心鐘入』」が8年ぶりに登場です。 本作品は、玉城朝薫作の「執心鐘入」の後日談として喜劇タッチに描かれ、好評を得ました。本公演では、新作組踊の上演と併せ、第一部にて「執心鐘入」を語り組踊として上演し、音楽や詞章の魅力をあらためてご紹介します。 組踊の持つ新たな世界をどうぞお楽しみ下さい。

日時 2017年03月25日(土) 14:00
会場 国立劇場おきなわ 大劇場
入場料 3,100円
お問い合せ 国立劇場おきなわチケットカウンター
TEL:098-871-3350



普及公演 組踊鑑賞教室「執心鐘入」(しゅうしんかねいり)

日時 2016年11月16日(水)午後2時開演
17日(木)午前10時30分・午後2時開演
18日(金)午前10時30分・午後2時開演
19日(土)午後2時開演
会場 国立劇場おきなわ 大劇場
入場料 一般/2,100円
団体/1,600円
学生/1,000円
お問い合せ 国立劇場おきなわチケットカウンター
TEL:098-871-3350

沖縄が世界に誇る伝統芸能「組踊」(ユネスコ無形文化遺産、国指定重要無形文化財)を気軽にお楽しみいただけるよう、第一部では「組踊の楽しみ方」を観客の参加体験を交えてご案内します。また、第二部では人気がある古典組踊の中から「執心鐘入」をご覧いただきます。組踊を初めてご覧になる方にもおすすめの公演です。


-演目-
◆第一部 「組踊の楽しみ方」
◆第二部 組踊「執心鐘入」
立方指導/赤嶺正一 地謡指導/仲嶺伸吾

【あらすじ】
 中城若松という美少年が、首里王府へご奉公に行く途中、ある一軒家に一夜の宿をお願いします。宿の女は、親が留守だからと断りますが、男が若松だと知ると、態度を一変させて宿を貸します。
 女は、若松に言い寄りますが、若松は断ります。若松はいたたまれなくなり、末吉の寺に駆け込み救いを求めます。  女は、必死になって若松を追い、寺へとやって来ます。しかし若松が見つからないため、とうとう鬼女へと変身します…。

【配役】
中城若松/玉城匠
宿の女/田口博章
座主/玉城盛義
小僧一/石川直也
小僧二/新垣悟#1
小僧三/岸本隼人

【地謡】
歌三線/仲嶺伸吾・大城貴幸・和田信一・花城英樹
箏/池間北斗
笛/入嵩西諭
胡弓/崎濱秀貴
太鼓/久志大樹

【国立劇場おきなわ 鑑賞教室の3つのポイント】

①組踊専用舞台ならではの臨場感
 組踊専用ステージ(張出舞台)で、臨場感あふれる舞台をご覧いただきます。

②鑑賞用解説書つき
 ご鑑賞の皆様に、イラスト入りでわかりやすい鑑賞用解説書を無料進呈いたします。

③字幕表示つき
 組踊は昔の沖縄の言葉で演じられますが、舞台両袖に標準語訳の字幕が表示されますので、劇中のセリフが分からない方でも物語の内容を充分にご理解いただけます。

#1出演者の変更 小僧二「呉屋智」を「新垣悟」に変更

※演目、出演者等は変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。


ボトルメール・五月九月

日時 2016年11月29日(火)~12月4日(日)
会場 テンブスホール
入場料 一般/2,500円
高校生以下/2,000円
お問い合せ 公益財団法人 沖縄県文化振興会
TEL:098-987-0926
(土日・祝祭日を除く平日9時〜17時)

【ボトルメール】
玉扇会 玉城盛義
【五月九月】
玉扇会 岸本隼人、天願雄一
が出演致します。

●「ボトルメールの」ダイジェスト映像&日程はこちらから
http://magnetcontents.net/program01.html


ルンルン♪バルーン♪ 琉球舞踊

日時 2016年12月1日(木)
19:00開演(18:30開場)
12月8日(木)
19:00開演(18:30開場)
会場 テンブスホール
(那覇市ぶんかテンプス館4階)
入場料 大人(18歳以上)/1,500円
高校生/1,300円
小中学生/750円(未就学児の膝上鑑賞無料 )
お問い合せ 那覇市ぶんかテンプス館4階事務所
TEL:098-868-7810
(電話予約OK) 

玉扇会
大田礼子、當山真澄、照屋香織
高嶺敦子、比嘉悠子、奥平由依
宮城 愛、嘉数妃渚子

客演
城間千恵美(大城流寿乃会)
平良芽美(貞扇本流貞扇会)


玉城流玉扇会沖ノ江良部公演『寄らてぃ遊ば』

日時 2016年12月10日(土)
14時/18時半 2回公演
会場 おきえらぶ文化ホール あしびの郷・ちな



玉木流琉装からじ結い研究所 初代宗範玉木初枝生誕百年祭記念公演 神髪の結い舞

和恩

和恩

日時 2016年9月25日(日)
会場 国立劇場おきなわ 大劇場
開演時間 17:00
入場料 (前売)4,000円(当日)4,500円
お問い合せ 玉木流 琉装からじ結い研究所
TEL:090-1943-9960(事務局 當間)

組踊公演「姉妹敵討」(しまいてきうち)

和恩

和恩

日時 2016年9月24日(土)
会場 国立劇場おきなわ 大劇場
開演時間 14:00(終演予定時間16:00)
入場料 3,100円
お問い合せ 国立劇場おきなわチケットカウンター
TEL:098-871-3350

敵討ちの物語が多く存在する組踊の中でも、女性による敵討ちという珍しい作品です。登場人物も多く、上演時間約2時間の見応えある長編作品を解説を交えながらお楽しみいただきます。


-演目-
組踊「姉妹敵討」
解説/嘉数道彦
立方指導/金城清一
地謡指導/前川朝文


【あらすじ】
十三夜の月見をしているところ、潮汲みにやってきた2人の姉妹(亀松、乙鶴)の美しさに見とれた謝名の大主は、2人を侍女にしたいと姉妹の父親(大山下庫理)に所望する。父親は、2人には許嫁がいることを理由にこの申し出を断るが、腹を立てた謝名の大主によって殺されてしまう。
理不尽な父親の最期に敵討ちを決意した姉妹は、武芸に秀でた今帰仁城の湧川按司のもとで長刀の修行を積む。四年後、腕を磨いた姉妹は、父親の無念を晴らすため謝名の大主との立ち会い勝負に臨む。


[配役]
謝名の大主/玉城盛義
宇地泊の比屋/川満香多
喜友名の子/上原崇弘
亀松/佐辺良和
乙鶴/田口博章
大山下庫理/島袋光尋
天底の子/池間隼人
崎枝の比屋/岸本隼人
湧川の按司/宇座仁一
をなぢゃら/新垣悟
平敷大主/平田智之
神山の按司/嘉手苅林一
我如古大主/真境名律弘
新垣の比屋/前當正雄
糸数の子/山入端實
高良の子/呉屋智
牧志の子/大城常政
上原/玉城匠
崎間/石川直也
仲里の子/儀保政彦
門番/名嘉正光
船頭/天願雄一
きやうちやこ持ち/森山康人・森山和人

[地謡]
歌三線/前原信喜 砂辺孝真 謝敷アンヘル 國吉啓介
箏/野里葉子 笛/嘉数世勲 胡弓/比嘉清 太鼓/宇座嘉憲

※演目、出演者等は変更となる場合がございます。予めご了承ください。


普及公演 「沖縄芝居鑑賞教室」(おきなわしばいかんしょうきょうしつ)

和恩

和恩

日時 2016年9月15日(木)・16日(金)・17日(土)
会場 国立劇場おきなわ 大劇場
開演時間 14:00(終演予定時間15:30)
入場料 一般/2,100円
団体/1,600円
学生/1,000円
お問い合せ 国立劇場おきなわチケットカウンター
TEL:098-871-3350

沖縄芝居をより親しみやすく感じていただけるよう、第一部では沖縄芝居の歴史や鑑賞のポイント、名作の抜粋上演、しまくとぅば(島言葉)に関する解説などをご紹介しながら、沖縄芝居の世界へとご案内いたします。第二部では、本土の狂言「棒縛」の影響を受け、沖縄芸能の要素をふんだんに取り入れコミカルに構成された舞踊劇「棒しばり」をご紹介いたします。しまくとぅばで演じられる沖縄芝居の魅力を、存分にお楽しみください。


-演目-
【第一部】喜劇「沖縄芝居入門~つる・かめ・とらと沖縄芝居~」
脚本・演出/嘉数道彦

[配役]
玉城鶴太郎/玉城匠
田里亀吉/上原崇弘
久手堅虎助/川満香多
役者/玉城盛義・髙宮城実人・花岡尚子
   平良大・大城貴幸・玉城知世
案内役/嘉数道彦


【第二部】舞踊劇「棒しばり」
演技指導/仲嶺眞永

【あらすじ】
留守中に酒を盗み飲みされぬよう、主人は太良と三良を縛りあげて出掛けますが、2人は不自由な体勢のまま知恵を絞って酒を飲みます。そこにカミジャーも加わり飲めや歌えの真っ盛り。やがて主人が帰ってきて・・・。

[配役]
主人/当銘由亮
太良/嘉陽田朝裕
三良/知念勝三
カミジャー/髙宮城実人

[地謡]
平良大
大城貴幸

※演目、出演者等は変更となる場合がございます。予めご了承ください。


第一回 奥武山大琉球神楽「和恩(わおん)」

和恩
和恩

日時 2016年6月26日(日)
会場 沖縄県立武道館・アリーナ棟
開演時間 【昼の部】開場/13:30・開演/14:00
【夜の部】開場/16:30・開演/17:00
入場料 1階自由席/2,500円
2階自由席/2,500円
2階指定席/3,000円
お問い合せ 奥武山大琉球神楽実行委員会
TEL:070-5279-3436/070-5484-9952

-出演者情報-
和太鼓演奏者/林英哲
和太鼓ユニット/英哲風雲の会
総合音楽プロデュース/日出克
脚本/表博耀
演出家/安田辰也
語り部/熊澤南水
ベリーダンサー・振付/IZUMI
神なぎの舞/熊野速玉大社
琉球舞踊/宮城流二代目家元 宮城 能造
シンガー/城間 健市
サックス奏者/テリー 重田
枚岡神社宮司/中東 弘
国指定重要無形文化財 琉球舞踊技能保持者・琉球太鼓/宇座嘉憲
唄者/島 幸子
書家/茅原 南龍
唄・三線/由絃會
バレエ/琉球インターナショナルバレエスクール
振付/バレエ 伊佐 まり依・創作舞踊 宮城恵子
創作エイサー、獅子舞/琉球神楽和太鼓連合会
宮舞鼓連・凰沖
全島旗頭連絡協議会

琉球舞踊公演「古典女七踊」(こてんおんなななおどり)

古典女七踊

日時 2016年6月18日(土)
会場 国立劇場おきなわ大劇場
開演時間 14:00(終演予定時間16:00)
入場料 3,100円
チケット販売所
公演内容 古典女七踊と言われる「作田」「本貫花」「伊野波節」「天川」「柳」「かせかけ」「諸屯」の七演目を中心に、「琉球舞踊」国指定保持者及び県指定保持者の方々から、新進気鋭の中堅・若手までの舞踊家が登場します。地謡も国及び県指定保持者で構成し古典舞踊の魅力を存分にお届け致します。琉球王朝時代から今日へと脈々と受け継がれ、裾野を広げながら発展していく琉球舞踊の美しさ、至高の技をご堪能ください。
お問い合せ 国立劇場おきなわチケットカウンター
TEL:098-871-3350

-演目-
【第一部】
柳/比嘉倫子
若衆ぜい/小嶺和佳子・宮城小寿江
かせかけ/安座間明美
天川/真境名律弘
前の浜/宇座仁一
作田/玉城秀子(歌三線)照喜名朝一
[地謡]
(歌三線)照喜名進・照喜名朝國・上原睦三
(箏)神谷和枝
(笛)我那覇常允
(胡弓)川平賀道
(太鼓)金城盛松

【第二部】
本貫花/花岡勝子
下り口説/川満香多
伊野波節/島袋君子
若衆揚口説/具志典子・上原なつき(#1)
諸屯/宮城幸子(歌三線)城間德太郎・喜瀬学・新垣俊道
[地謡]
(歌三線)中村一雄・謝敷アンヘル・國吉啓介
(箏)安慶名久美子
(笛)嘉数世勲
(胡弓)新城清弘
(太鼓)金城盛松
※演目、出演者等は変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
#1出演者の変更:「若衆揚口説」の「比嘉舞未」を「上原なつき」に変更(H28.5.12)

第二十三回 七踊りの会

七踊りの会
七踊りの会

日時 2016年6月4日(土)
会場 国立劇場おきなわ小劇場
開演時間 開場:午後1時半 開演:午後2時
入場料 \4,000(当日\4,500)
お問い合せ 玉城流玉扇会
TEL:098-832-1834

-演目-
かせかけ/佐久川順子
本貫花/比嘉光子
天川/玉城静江
伊野波節/金城順子
浜千鳥/東江裕吉・岸本隼人・上原信次・天願雄一
作田/玉城盛義
諸屯/仲村加代子
柳/与座京子
あしび/大田礼子・當山真澄・玉城美千子・東文子・金城千夏・米須千恵・金城香織・与那嶺綾子

【地謡】
歌三線/照喜名進・照喜名朝國・上原睦三・與那國太介
筝/安慶名久美子
笛/入嵩西論
指導/照喜名朝一(人間国宝)

琉球舞踊公演「男性舞踊家の会」(だんせいぶようかのかい)

男性舞踊家の会
男性舞踊家の会

日時 2016年5月28日(土)
会場 国立劇場おきなわ大劇場
開演時間 14:00(終演予定時間16:00)
入場料 3,100円
チケット販売所
公演内容 大好評企画が今年もやってきました!!流会派を超えた個性派揃いの男性舞踊家の面々でお届けいたします。魅力あふれる見どころ満載の舞の数々をお楽しみください 
お問い合せ 国立劇場おきなわチケットカウンター
TEL:098-871-3350

-演目-
【第一部】
かぎやで風/伊野波盛人・岸本隼人・大浜暢明
         田口博章・上原信次・仲村圭央
加那よー/宮城茂雄
川平節/池間隼人・金城真次
日傘踊り/佐辺良和
久志の若按司道行口説/平田智之・西門悠雅・天願雄一
いちゅび小/大湾三瑠

【第二部】
加那よー天川/石川直也・新垣悟
むんじゅる/上原信次
下り口説/伊野波盛人・仲村圭央
かせかけ/田口博章
鳩間節/大浜暢明・天願雄一
馬山川/(美男)新垣悟・佐辺良和 (美女)宮城茂雄・金城真次
       (醜男)大湾三瑠・石川直也 (醜女)岸本隼人・西門悠雅

【地謡】
(歌三線)花城英樹・與那國太介 竹田祐規
(箏)仲大千咲 (笛)宇保朝輝
(胡弓)金城裕幸 (太鼓)髙宮城実人
※演目・出演者等は都合により変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

新春琉舞名人選

玉城流玉扇会
玉城盛義、東江裕吉、大田礼子、當山真澄、東文子、天願雄一、伊藝武士
出演致します!

新春琉舞名人選

日時 2016年1月10日(日)
会場 国立劇場おきなわ大劇場
開演時間 14:00
入場料 3,600円
チケット発売日:2015/12/01(火)
チケット販売所
講演内容 今回で10回目を迎える国立劇場おきなわの新春を飾る「新春琉舞名人選」。
今年も、初日を「嘉例吉の舞」、2日目を「初春を寿ぐ」と銘打ち、沖縄県指定無形文化財保持者らのお目出度い顔見世で新年の幕が開きます。
初春を彩る華々しい舞踊の数々をお楽しみください。
お問い合せ 国立劇場おきなわチケットカウンター
TEL:098-871-3350

-演目-
【第一部】
古典音楽斉唱・舞踊
「かぎやで風」踊り手/山田多津子・島袋君子
「女こてい節」踊り手/金城千壽子
「よらてく節」・斉唱
(歌・ 三線〉安冨祖流
濱元盛爾・宮里敏則・照喜名進・上地正隆・安冨祖忠章
糸数一雄・渡名喜康広・幸喜信明・松本紀・上原司
(箏)琉球箏曲興陽会
山田和子・仲間頼子・當間公子・波平エミ子
(笛)仲田治巳 (胡弓)川平賀道 (太鼓)比嘉聰 
舞踊「本花風」・・・・ 古謝弘子
舞踊「稲まづん」・・・ 嘉数紀美子
舞踊「花風」・・・・・ 玉城千枝
舞踊「伊野波節」・・・ 玉城靜江
舞踊「志情の手巾(男加那よー)」・・・(振付・踊り手) 眞境名結子
【創作地謡】
(歌・三線)田港朝弘・神谷乗成・稲嶺盛律
(箏)赤嶺和子 (笛)仲田治巳 (太鼓)比嘉聰 (鳴物)宮里和希

【第二部】
舞踊「柳」・・・・・・・山城洋子
舞踊「諸屯」・・・・・・漢那七子
舞踊「瓦屋」・・・・・・宜保雅子
舞踊「加那ヨー」・・・・池原勝子
舞踊「天川」・・・・・・宮城能造
舞踊「小浜節」・・・・・(振付・踊り手)金城道枝
【創作地謡】
(歌・三線)森田夏子・新垣恵・島袋奈美
(箏)大城礼乃  (笛)金城裕幸 (胡弓)崎濱秀貴  (太鼓)宮里和希 
[地謡]
(歌・三線)花城英樹・上原睦三・與那國太介
(箏)仲大千咲  (笛)横目大哉
(胡弓)運天伊作
[地謡]
(歌・三線)山内昌也・名城一幸・崎濱秀貴
(箏)大城礼乃    (笛)金城裕幸
(胡弓)森田夏子   (太鼓)宮里和希

※演目・出演者は都合により変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※#1 出演者の降板 【第二部】「ぜい」/踊り手「髙良和子」の降板(H27.12.24)

●組踊公演 「久志の若按司(くしのわかあじ)」

玉城流玉扇会 東江祐吉 出演致します!

久志の若按司(くしのわかあじ)

日時 2015年10月24日(土)
会場 国立劇場おきなわ大劇場 
開演時間 14時開演(字幕表示がございます)
入場料 3,100円
講演内容 久志の若按司の才気に富んだ策謀術で敵同士を仲違いさせ、ついに主君の仇討を果たす。敵討物の組踊の傑作。舞踊化された「道行口説」で各村々のなじみの地名が出てくる面白さ、天願の若按司の長刀の手振りの場面など見どころが多く、村芝居でも人気の高い作品です。
お問い合せ 国立劇場おきなわチケットカウンター
TEL:098-871-3350

-演目-
第一部 琉球舞踊
稲まづん/山入端直美
ぜい/新垣江里子・新垣麻里子
花風/城間千恵美
伊野波女童/仲程めぐみ
【舞踊地謡】
 歌・三線/田港朝弘 新垣浩 稲嶺盛律 
 箏/仲大千咲 笛/金城裕幸 胡弓/崎浜秀貴 太鼓/石嶺哲 
第二部 組踊「久志の若按司」
    立方指導/宮城能鳳 嘉手苅林一 地謡指導/中村一雄
【あらすじ】
天願の按司は、謝名の大主にだまし討ちに合い殺される。 遺児となった天願の若按司と乙鶴も、逃げ延びる途中で謝名の臣下である富盛大主に捕らえられる。 それを知った天願の分家である久志の若按司は、他の臣下らと供に東恩納番所へと向かい2人の救 出に成功する。久志の若按司は、一計を案じ、捕らえた富盛の大主に、偽りの情報を流して逃がし 敵方同士を仲違いさせることに成功し、ついには罠とも知らず久志の城に攻め入った謝名の大主ら を捕らえ、首尾良く主君の仇討ちを果たす。 【配役】
久志の若按司/東江裕吉
天願の若按司/金城真次
乙鶴/呉屋智
立川の大主/石川直也
砂田の子/天願雄一
伊豆見下庫理/山入端實
浜崎の比屋/前當正雄
外間の子/池間隼人
国吉の子/伊野波盛人
謝名の大主/眞境名正憲
富盛大主/嘉手苅林一
川崎の比屋/親泊久玄
平田の子/川満香多
宿主/儀保政彦
供一/名嘉正光
供二/岸本隼人
長刀持ち/嘉数幸雅
ぜい持ち/上原崇弘
きやうちやこ持ち/森山康人
きやうちやこ持ち/森山和人
【地謡】
歌・三線/中村一雄 國吉啓介 又吉恭平
箏/仲大千咲 笛/金城裕幸 胡弓/崎浜秀貴 太鼓/石嶺哲
※演目・出演者等は都合により変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

●大田礼子独演会〜 踊直り・清ら 〜

●大田礼子独演会〜 踊直り・清ら 〜

日時 平成27年12月19日(土)
会場 国立劇場おきなわ 小劇場 
開演時間 開演:18時(開場:17時半)
入場料 前売り 4,000円
当日 4,500円(全席自由)
お問い合せ 玉城流 玉扇会
TEL  098-832-1834
FAX  098-834-2987
携帯  080-8350-5675
E-mail gyokusenkai@gmail.com
FBメッセージ申し込みも受付致します
10月22日(木) 10時〜チケット受付販売開始致します!

※画像をクリックすると拡大して表示されます。

●新里直子琉舞道場15周年記念公演

新里直子琉舞道場15周年記念公演

日時 2015年9月20日(日)
会場 名護市民会館大ホール
開演時間 17:30開場・18:00開演
入場料 前売り:2,500円 
当日:3,000円
お問い合せ 新里直子琉舞道場
15周年記念発表会実行委員会
TEL:090-1513-3379(新里)

※画像をクリックすると拡大して表示されます。

●特選公演 玉城秀子出演

●特選公演 玉城秀子出演

日時 2015年9月12日(土)
会場 国立劇場おきなわ
開演時間 14時開演
入場料 一般:3,600円 
友の会:2,880円
お問い合せ 国立劇場おきなわチケットカウンター TEL:098-871-3350

※画像をクリックすると拡大して表示されます。

●ボトルメール 玉城盛義出演

ボトルメール 玉城盛義出演

日時 2015年9月4日(金)
会場 国立劇場おきなわ小劇場
開演時間 18:30開場・19:00開演
入場料 2,000円
お問い合せ ryukyu-embassy@live.jp(琉球芸能大使館)
TEL:090-3074-8295(シアタークリエイト)

※画像をクリックすると拡大して表示されます。

●琉球の宴2015『琴響』

琉球の宴2015『琴響』

日時 2015年6月21日(日)
会場 沖縄県立武道館 アリーナ棟
開演時間 昼の部:13:00(12:30開場)
夜の部:17:00(16:30開場)
入場料 フロント席:2,000円 
サイド席:1,500円
お問い合せ 琉球の宴運営委員会
TEL:070-5484-9952/070-5279-3436

※画像をクリックすると拡大して表示されます。

●東江裕吉 独演会

東江裕吉 独演会

日時 2015年6月26日(金)
会場 国立劇場おきなわ 小劇場
開演時間 午後7時開演(6時半開場)
入場料 前売:4,000円 当日:4,500円
※全席自由
お問い合せ TEL:090-4980-1038(東江)
TEL:090-3413-1734(稲嶺)

※画像をクリックすると拡大して表示されます。

●琉球舞踊『加那よー天川』

加那よー天川

日時 2015年04月25日(土)
会場 国立劇場おきなわ 大劇場
出演 玉扇会 玉城盛義、東江裕吉 出演
開演時間 開演:14:00
入場料 一般:3,100円 友の会:2,480円
※学割:大学生2,000円、高校生以下1,000円
※障がい者割:一般料金より2割引き
お問い合せ TEL:098-871-3350(国立劇場おきなわ)

※画像をクリックすると拡大して表示されます。

●新作組踊 『平敷屋朝敏 〜 哀・愛しゃ〜 』

奥山の牡丹

日時 2015年03月22日(日)
会場 北谷ニライセンターカナイホール
出演 玉扇会 玉城盛義出演
開演時間 昼公演:14:00 夜公演:18:00
入場料 前売り 一般:2,000円 高校生以下:1,000円
※当日料金は各500円増し
お問い合せ TEL:098-936-3492

※画像をクリックすると拡大して表示されます。

●琉球歌劇『奥山の牡丹』

奥山の牡丹

日時 2015年03月14日(土)15日(日)
会場 国立劇場おきなわ大劇場
出演 玉扇会 東江祐吉出演
開演時間 両日14時開演
入場料 一般:3,600円 友の会:2,880円
お問い合せ TEL:098-871-3350

※画像をクリックすると拡大して表示されます。

●ジュリ馬祭り

日時 2015年3月15日(日)14時
会場 料亭那覇前にて
出演 玉城流玉扇会 
開演時間 14時

●琉球箏曲興陽会創立75周年記念公演

日時 2015年3月15日(日)18時
会場 那覇市民会館
出演 玉城流玉扇会 創作『花』で出演
開演時間 18時

●万歳敵付

万歳敵付

日時 2015年02月28日 土曜日
会場 国立劇場おきなわ大劇場
出演 玉城流玉扇会 玉城盛義
開演時間 14時
入場料 3,100円
お問い合せ TEL:098-871-3350

※画像をクリックすると拡大して表示されます。

●二代目襲名40周年記念 玉城秀子の会 花の舞台

二代目襲名40周年記念 玉城秀子の会 花の舞台

日時 2014年12月5日 金曜日
会場 国立劇場おきなわ大劇場
開演時間 午後6時半
入場料 5,000円 当日料金5,500円
お問い合せ TEL:098-832-1834(玉城)

※画像をクリックすると拡大して表示されます。

●かりゆし芸能公演 玉城琉玉扇会 第3回組踊り会 花売の緑 

10月24日(金)19時開演。国立劇場小劇場にて、玉城流玉扇会 第3回 組踊の会を催します。

男性舞踊家だけで構成しました。今回は、字幕もあるので初めての方でも充分楽しんでいただけると思います。

皆様のご来場を心よりお待ちしています!

かりゆし芸能公演

日時 2014年10月24日 金曜日
会場 国立劇場おきなわ小劇場
開演時間 午後7時(30分前会場)
入場料 前売… 一般2,000円 小中高生1,000円
(当日500円増)
お問い合せ TEL:098-832-1834(玉城)

※画像をクリックすると拡大して表示されます。

【かりゆし芸能公演 玉城流玉扇会 組踊の会】

1.祝儀舞踊
松竹梅鶴亀 岸本隼人 上原信次 西門悠雅 天願雄一 伊藝武士
2.古典二才踊り
高平良万歳 伊藝武士
3.古典女踊り
天川 玉城盛義
4.組踊
花売の縁

森川の子:東江裕吉、 乙 樽:岸本隼人、 鶴 松:上原信次、 猿 引:天願雄一、 

薪取り:玉城盛義、 子役(猿) :内田逢華

お問い合せ先 電話番号

玉城流玉扇会へのお問い合わせはこちら

トップへ戻る