家元紹介

  1. トップページ
  2. 家元紹介

初代家元 玉城盛義

略歴

故玉城盛義は、明治22年12月20日、那覇区下泉町に生れ、役者の父に就いて幼少から役者の道を歩み、明治・大正・昭和を通し、名役者として活躍を続けました。一方、組踊りの名人といわれた叔父玉城盛重の教えを幼少から受け、若い頃から既に名舞踊家として知られていました。又、彼は創作家としても異才を放ち、数々の創作舞踊を残していますが、中でも名作として知られる舞踊劇「戻り駕」は、彼の手になるものです。

昭和20年6月、盛義は米軍によって宜野湾村野嵩に収容され、翌7月に釈放されるとすぐに、沖縄では戦後初の琉球舞踊研究所を開設しました。又、米軍政府の命により結成された沖縄芸能連盟「松」「竹」「梅」三劇団のうち、梅劇団の副団長を務め、その傍ら、民政府芸術課演技官、劇団「ときわ座」の顧問、「乙姫劇団」の指導など、沖縄芸能復興のため積極的に活動しました。

さらに昭和28年3月、玉城盛義琉舞研究所を玉扇会として出発させ、以後、琉球古典舞踊の保存と継承に力を入れ、数多くの舞踊家たちを育てあげました。又、数々の受賞を重ね、昭和42年5月の沖縄芸能連盟結成では、その会長におされ、同年6月には琉球政府文化財保護委員会の指定する「組踊技能保持者」として認定を受けました。更に昭和44年には、多年にわたる琉球芸能文化への功績により国から勲五等瑞宝賞を授与されました。
しかし、昭和46年12月19日、沖縄芸能に偉大な功績とその名を残した盛義は、83才で、多数の弟子やファンからおしまれつつこの世を去りました。

二代目家元 玉城秀子

略歴

二代目家元、玉城秀子は、昭和16年11月27日、玉城盛義の孫娘として生れ、その養女として育てられました。4才の頃から盛義に就いて琉舞を習いはじめ、23才で免許を与えられ、普天間で琉舞研究所を開設しました。本格的な舞踊家としての第一歩を踏み出した秀子は、門下生の育成に当る傍ら、玉扇会を代表する踊り手として、全国各地はもとより、東京国立劇場やソ連、ポーランド、インドネシア、北米、南米、ハワイ等、世界各地での公演に参加したほか、更に舞踊劇「収納奉行」「旅宿」「旋風」「悲恋ぎつね」などの演出、振り付けや、「春の風」「夏姿」「太鼓ばやし」「玉扇の舞」等の舞踊を振付けるなど、創作面でもすばらしい才能を見せ、将来性のある舞踊家として嘱望されています。
昭和42年から現在まで、琉球新報社主催芸能コンクールの審査員を務め、昭和46年12月、盛義亡き後は玉扇会を支える柱となり、翌47年には沖縄県指定「沖縄伝統舞踊」の後継者に認定され、昭和50年には二代目家元を襲名しました。
 秀子襲名後は、翌年各師匠の技術向上と型の乱れを防ぐため「七踊り会」を主催し、以後これが定例の発表会として定着し、七踊り会ブームのきっかけをつくりました。又、沖縄迎賓館の長期公演など、玉城秀子舞踊団として多くの門下生が活躍できる機会をつくり、門下生に自信を与えると共に、実力の向上をはかるという効果的な指導を行い、今や新しい時代にチャレンジする指導者として高く評価されています。

三代目 玉城盛義(本名:大田 守邦)

  • 昭和41年8月1日生
  • 沖縄県 那覇市出身

略歴

琉球舞踊、組踊、沖縄芝居、琉球歌劇等の伝統芸能を中心に県内外、海外公演にも積極的に参加出演し、また現代演劇、ミュージカル、CM、映画などジャンルを超えて活躍中。舞踊劇、新作組踊の演出も手掛ける。

曽祖父は玉城流の創始者で沖縄の近代芸能史に功績を遺した初代玉城盛義師。祖母は乙姫劇団の女優、脚本家、演出家として活躍した玉木初枝。母である玉城流玉扇会二代目家元玉城秀子に師事し自然体で風格ある「玉城流」の型と技をまなび、盛重、盛義、秀子とつながる正統派の芸脈の継承者として流儀の技芸の検証をライフワークとする。
平成21年より沖縄芝居実験劇場の代表を引き継ぎ、流会派を超えた同志と沖縄が世界に誇る伝統芸能の実験的な舞台にも挑戦。
平成24年に催した二回目の独演会(沖縄、東京)では古典舞踊を中心に構成し、その舞台が評価され平成24年度文化庁芸術祭舞踊部門優秀賞受賞。その後も玉城流玉扇会『組踊の会』を開催するなど、格調高い沖縄の伝統文化を世界に向けて発信するべく積極的に取り組む。
玉城流二代目家元玉城秀子に師事。

2003年
師範免許拝受
2011年
玉城流三代目家元 二代目玉城盛義襲名
1996年
琉球新報社主催琉球古典芸能コンクール最高賞受
2010年
高円宮記念地域伝統芸能奨励賞
2011年
沖縄タイムス社芸術選奨演劇部門大賞受賞
2013年
平成24年度文化庁芸術祭舞踊部門優秀賞受賞

お問い合せ先 電話番号

玉城流玉扇会へのお問い合わせはこちら

トップへ戻る