玉城流玉扇会プロフィール

玉城流玉扇会

玉城流玉扇会は初代家元玉城盛義により昭和20年、宜野湾市野嵩に琉舞研究所を設立し、昭和27年、那覇市樋川に研究所を移しました。翌昭和28年、玉城盛義琉舞研究所を玉扇会と命名し、昭和38年、玉扇会設立10周年記念公演で玉城流と名乗り琉球古典舞踊の保存と継承に尽力し多くの舞踊家を育て上げました。

昭和46年、玉城秀子が二代目家元を襲名し、伝統ある沖縄県の芸能文化の継承発展を目的とし、昭和52年、『第一回古典七踊りを観る会』を開催。以降現在まで多数開催。また次代を担う後継者の育成を目的とした、『若みんなの会』(幼児~中学生対象)、芸能コンクール受賞者対象の『ゆらてぃ遊ば』、男性舞踊家による『古典七踊りの会』を企画・制作し、県内はもとより県外・海外で積極的に活動をすることにより、舞踊家の活躍の機会の増加、公演の質の向上を目指してきました。

平成23年、秀子の長男大田守邦が玉城流三代目、二代目玉城盛義を襲名。舞踊、組踊を始め沖縄芝居、沖縄歌劇さらには現代劇やCM出演する等、幅広く活動を展開すると共に、平成24年には「二回目の独演会(沖縄、東京)では古典舞踊を中心に構成し、その舞台が評価され平成24年度文化庁芸術祭舞踊部門優秀賞受賞。その後も玉城流玉扇会『組踊の会』を開催するなど二代目とともに拡張高い伝統文化を沖縄から発信するべく積極的に取り組んでいます。

イベント情報

11月23日 若みんな40周年記念公演~未来へはばたけ子ども達~

若みんな40周年記念公演

~ 一部 ~
島唄、童歌、ヤンバルクイナ、チョッカリ、海の童達、クバ笠小、遊び美らさ、夏姿
~ 二部 ~
獅子恋路、秋の踊り、フィナーレ 愛想花

公演日時 平成30年11月23日(金・祝日)
開場:12:30 開演13:00
会場 宜野湾市民会館(大ホール)
チケット【前売り】 一般 2,500円/小学生以下 1,500円
(当日500円増し)
※未就学児は無料。但し、膝上での鑑賞となります。
お問い合わせ 玉城流玉扇会 098-832-1834

11月28日~ ルン♪ルン♪バルーン♪

世界初!風船(バルーン)アートと琉球舞踊の夢のコラボ♪

公演日時 2018年11月28日(水)19時~
2018年11月29日(木)19時~
2018年11月30日(金)19時~
2018年12月1日(土) 13時~/16時~
2018年12月2日(日) 13時~/16時~
会場 テンブスホール(てんぷす那覇4階)
チケット【前売り】 一般 2,500円/高校生以下 2,000円
※未就学児に限り膝上鑑賞無料
お問い合わせ TEL:090-3074-8295(シアター・クリエイト 10:30~19:00)
メール:ryukyu-embassy@live.jp(琉球芸能大使館)

12月8日 男性舞踊家の会

毎年大好評の人気公演「男性舞踊家の会」。
琉球舞踊をはじめ、組踊や沖縄芝居等でも活躍著しい中堅、若手の男性舞踊家が一堂に会し、古典舞踊の一人舞から雑踊の名作まで豪華ラインナップでお届けします。
第三部では、国立おきなわ委嘱作品として、大湾三瑠、阿嘉修、金城真次の三氏が、それぞれの創作舞舞踊を初演します。
男性舞踊家ならではの個性や魅力溢れる舞台をご堪能ください。

公演日時 平成30年12月8日(土) 開演14:00
会場 国立劇場おきなわ(大劇場)
チケット【前売り】 一般 3,100円/友の会 2,480円
お問い合わせ 国立劇場おきなわチケットカウンター(10:00~17:30)
TEL:098-871-3350

12月22日 運天の若按司敵討~一名・本部大腹~

本作品は、一名「本部大腹」と言い、本島本部を舞台とした敵討物の組踊です。
平成15年度に伝統組踊保存会によって復活上演され、国立劇場おきなわでは初の上演となります。
若手から中堅の幅広い実演家が出演する組踊舞台をこの機会に是非ご堪能ください。

公演日時 平成30年12月22日(土)
開演14:00(16:30終演予定)
会場 国立劇場おきなわ(大劇場)
チケット【前売り】 一般 3,100円/友の会 2,480円
お問い合わせ 国立劇場おきなわチケットカウンター(10:00~17:30)
TEL:098-871-3350

→過去のイベント情報はこちら

お問い合せ先 電話番号

玉城流玉扇会へのお問い合わせはこちら

トップへ戻る